炒飯のあゆみ

あみ印 沿革 日本の主な出来事
昭和27年(1952) 池田春雄が東京甘味株式会社創業
昭和28年(1953) 粉末乳飲料、粉末ジュースの製造を始める
株式会社東京ニュートーゲン本社へ商号変更
NHKがテレビ放送を開始する
昭和29年(1954)
昭和30年(1955) 電気炊飯器が登場
昭和31年(1956) 業界の先駆、ラーメンスープをそばつゆとともに製造販売 ホッピングが大流行
昭和32年(1957) 炒飯の素の前身である「中華たれの素」が発売
昭和33年(1958) 日本初の「炒飯の素」発売
あみ印食品工業株式会社に商号変更
世界発のインスタントラーメン発売
長嶋茂雄選手読売ジャイアンツに入団
昭和34年(1959) チキンライスの素、うどんつゆ、やきそばの素など粉末スープの製造を開始する
日本初の家庭用「冷し中華スープ」発売
皇太子・美智子妃ご成婚
「週間少年サンデー」と「週間少年マガジン」が創刊
昭和35年(1960) インスタントラーメンブームで粉末スープの大口受託が堅調
(~昭和40年代後半まで)
カラーテレビ放送がはじまる
ダッコちゃん人形がブーム
昭和36年(1961)
昭和37年(1962)
昭和38年(1963)
昭和39年(1964) 東京オリンピックが開催される(アジア初)
昭和40年(1965)
昭和41年(1966) ビートルズが来日
昭和42年(1967)
昭和43年(1968)
昭和44年(1969)
昭和45年(1970) 日本万国博覧会(大阪万博)アジア初の国際博覧会
昭和46年(1971) ファミリーレストランやファーストフード店が続々と登場し始める
カップ麺が発売される
昭和47年(1972)
昭和48年(1973)
昭和49年(1974) コンビニエンスストアが登場し始める
昭和50年(1975) 大手メーカーが炒飯の素分野に進出し市場が拡大
「およげ!たいやきくん」が大流行
昭和51年(1976)
昭和52年(1977) 王貞治選手が通算756号の本塁打を記録
昭和53年(1978)
昭和54年(1979) イギリス初の女性首相(サッチャー誕生)
昭和55年(1980) 大口OEM受託が堅調に ルービックキューブが流行
昭和56年(1981)
昭和56年~平成14年
この間、大手メーカーが炒飯の素分野に相次いで参入し、市場が一気に拡大。
乾燥具材付きのものが主流になる中、当社も度重なる検討を重ねた結果、


お客様の声を重視し販売当初のままで
継続販売することを自社のポリシーとして決定。
昭和57年(1982)
昭和58年(1983)
昭和59年(1984) ロサンゼルスオリンピック開催
昭和60年(1985)
昭和61年(1986)
昭和62年(1987) 携帯電話サービスが開始
昭和63年(1988) 青函トンネルが開通・瀬戸大橋が開通
昭和64年(1989)
/平成元年
消費税(3%)が開始する
平成2年(1990) ティラミスがブーム
平成3年(1991)
平成4年(1992)
平成5年(1993) 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)が開幕
皇太子・雅子妃ご成婚
平成6年(1994)
平成7年(1995)
平成8年(1996)
平成9年(1997) 消費税が3%から5%に引き上げ
平成10年(1998) 長野オリンピックが開催
若乃花、貴花田 初の兄弟横綱誕生
平成11年(1999)
平成12年(2000) シドニーオリンピック開催
平成13年(2001)
平成14年(2002) FIFAワールドカップ・日韓国大会 開催
平成15年(2003)
平成16年(2004) 韓流ブーム
平成17年(2005)
平成18年(2006)
平成19年(2007)
平成20年(2008) 池田龍康が代表取締役に就任 北京オリンピック開催
平成21年(2009)
平成22年(2010) 各地で猛暑、熱中症患者相次ぐ
平成23年(2011)
平成24年(2012) 炒飯の素が発売より60年目を迎える 炒飯の素 プレミアム炒飯の素が発売より60年目を迎える炒飯の素 プレミアム レスリングの吉田沙保里が国民栄誉賞受賞
東京スカイツリー開業
平成25年(2013) 富士山が世界文化遺産に登録
和食が無形文化遺産に登録
平成26年(2014) 消費税が5%から8%に引き上げ
平成27年(2015)
平成28年(2016) 前原照雄が代表取締役に就任 訪日外国人観光客2000万人突破
平成29年(2017) 炒飯の素が60周年キャンペーン
平成30年(2018) 冷し中華スープが発売より60年目を迎える